感想文:『子ども文化の現代史』野上暁

2015/08/22 『子ども文化の現代史』野上暁(大月書店 2015.3.20)

この本によると、第二次大戦太平洋戦争終戦後、民主的良心的で親や教師に歓迎されるような内容の児童文学雑誌(童話など)が(GHQから用紙を優遇されて)相次いで発刊された。私は読んだことはないが名作とされ、繰り返し映画化もされた『ビルマの竪琴』も、それらの雑誌の一つに連載されたというのを、この本で初めて知った。しかし、子どもたちは当然ながら、そういう親や教師の喜ぶような雑誌より俗悪と言われる粗末な漫画月刊誌の方を夢中になって読んだ。親や教師たちは悪書追放を唱え、手塚治虫の漫画さえ校庭で焚書されたという。しかし、漫画雑誌は発展し続け現在があるのは言うまでもない。

この本ではそういう大人が与える上からの良い子の「児童文化」でなく、大人が与えるものの中から子どもが選び、遊び、変容し、新しく価値を作り出し、子ども同士や大人たちに対してコミュニケイトするという行為であるところの「子ども文化」を、戦後すぐの何もなかったような時代から、電子ガジェットとインターネットの現代まで追いかけた本である。ただ漫然と時代を順に追うだけでなく、その時代時代でのテーマというか、人気の的となった現象、アイテム、メディアをまとまり良く語っている。簡にして要を得た子供文化史ハンドブックと言える。そして、著者の意図として、単に「子ども文化」そのものを語って終るのでなく、子ども文化に大きな影響を受けて形成されて行ったサブカルチャーの流れまでを把握しようとする。

面白いのは、1943年戦局が悪化して行っている時期に生まれた著者は前半、そのまま自らの生い立ち、思い出話を語るような調子で当時の子どもの遊びを語ってゆくが、それがしっかりと当時の子どもの遊びレポートになっている。もちろん戦前にも子どもの文化、遊び、オモチャというものはそれなりに発展していたが、戦争になり敗戦となって無と化し、オモチャに関して言うと、再び明治の頃のような原始的なオモチャから発展して行く流れを繰り返したのだ。長じて高度成長下で成人した著者は小学館に入社、“小学1年生” の編集部で働くようになり、今度は作り手の側から子ども文化を見て行くこととなり、全体としてまとまってこの 70年の子ども文化が語られているのである。

“小学1年生” の編集部ではまず締め切りを守る藤子不二雄の担当となるが、結局、手塚治虫を担当することになる。一方で講談社から代わって小学館が雑誌メディアを独占することになった第二次ウルトラシリーズ放映時に、ウルトラ兄弟という設定作りに関わった一人でもあるという(番組の人気挽回のために「帰ってきたウルトラマン」にウルトラマンとウルトラセブンが登場するとき、編集長が兄弟にしてはどうかと提案、これを聞いた大伴昌司が不満を漏らしたので、著者が “小学3年生” 71年11月号で―東映やくざ映画のような―義兄弟であることを発表したが、73年の「ウルトラマンタロウ」では―すでに当時中学生となった私などはあきれていたような―父や母まで登場しファミリー路線となったのだ)。

「オタク」というと、中森明夫による、その呼称の由来からコミケ、したがって漫画アニメ同人誌、同好者のムーヴメントという流れで私など考えがちだが、上記のように雑誌でウルトラ関係記事を担当したため円谷プロ関係の人脈のあった著者は“少年マガジン”などの図解記事で一時代を作った大伴昌司やその弟子的な位置にあった若者たち(竹内博たち)と交流があり、彼らの作る特撮SF同人誌を見ていて、特撮オタクという観点からオタクの発生を語っている。

1959年生まれで地方都市に育った私には、著者が語る終戦後の少年時代の思い出は部分的には、なんとか片鱗をイメージできるところもある。そして 1960年代から 70年代にかけての子ども文化は身近に接してその後、大人になってからも興味を持って知識を得て、一番良く分かる時代だ。80年代以降となると、その時々のブームとなったことは知ってはいても、内容は具体的に知らない事柄が多く(たとえば「ビックリマン」とはどういうものかとかこの本で初めて知った)、いろいろな知識を得られた。そしてまあ最後に現在の時点でいろいろと思うこと、希望と危惧が語られている。大塚英志の『メディアミックス化する日本』という 2014年に書かれた新書が取り上げられているが、システム化された根本的なところからのメディアミックス……どうなんだろうねえ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)