感想集 活字本 2016.11

『江戸しぐさの終焉』 原田実(星海社、星海社新書 2016.2.25)

前著『江戸しぐさの正体』で広く明らかにされた、奇態なニセ伝統「江戸しぐさ」、教育の現場へと広まってゆこうとする、ゆゆしき事態であるため、読後もさらに「江戸しぐさ」の動向についての関心を維持してゆくことが必要と思われた。そしてここに著者自身によって、新たに「江戸しぐさ」をめぐる報告がなされた。その内容は前著で言及された江戸しぐさの提唱者、拡散者らについてのさらなる詳細であり、江戸しぐさが学校教育の教材へ採り上げられて行こうとしている経緯についての報告である。また私のような一般読者にも知られるようになったニセ伝統「江戸しぐさ」の存在を知らしめた前著に対するマスコミ、ジャーナリズムの反応、専門の歴史学者や教育関係者は何をしていたのかということになるが、その専門家たちのコメントなど、『江戸しぐさの終焉』のその後について関心を持った読者が知りたいことがあれこれと書かれている。


『ベスト珍書』ハマザキカク(中央公論新社、中公新書ラクレ 2014..9.11)

書名は当然「ベスト新書」のもじりなのだろう。本屋でちょっと手に取ってみて、暇つぶしにちょうどいい本だなと思ったが、後半を見ると『納棺・遺体処置実務』(総合ユニコム)の項目だったと思うが、結構グロい話が書かれているので、それには注意する必要があるとツイートした。買ってちゃんと読んでみて分かったのだが、グロい本は最初の方から載っているのだ。もちろん、ことさらにそういう本を取り上げているのではない。そのあたり、「珍書」とは何かという話につながってゆくと思う。「珍書」といって連想するのは昨今では「トンデモ本」という呼称だろう。著者自身、「まえがき」でト学会が扱うような本とは「珍書」は〈若干ニュアンスが異なると感じている。〉と述べている。私自身、「トンデモ本」の数々についてはよく知らないが、対して「珍書」とか「珍本」という言い方は別に新たな呼称ではなく、普通に昔から言われていたはずだ。この本に取り上げられている「珍書」は前述のようなグロテスクな内容のものにしろ、または動物のウンコの図鑑といったものにしろ、またはダムカードなどという知る人ぞ知るようなものだったアイテムについてであれ、あくまでその本の製作者は真面目な目的で、あくまに真面目に本を作っているのだ。しかし、その内容からどうしようもなく珍なものになってしまったのであり、それを取りあげる著者、読む私はどうしようもなく面白がらされながらも愛情をもって取り上げ、解説を読むのである。

この本を面白く読むような人は、ある程度本好きであり、同時に面白いものを見つけるが好きだと思うので、この本に挙げられてるような珍本を自分でも見つけてみたいと思うかもしれない。コラムでは新刊情報の探し方が書かれている。私など、ある程度本好きではあるが、今まで雑誌新聞広告、本屋の店頭以外に特に新刊情報を求めてゆくということは意識してなかったのだが、この本を読んだら、こういう珍本も含めてもっと新刊情報をチェックしてみたい気になっている。そのために役に立つコラムである。


『マンボウ家の思い出旅行』北杜夫(実業之日本社 2010.1.25)

新刊で買って一読して、その頃あった自分のページに感想を書こうと思って、再読していて途中でずっと読むのが止まっていたら、その間に高齢であった著者本人が亡くなってしまった。2011年。実業之日本社からは 1980年代の中頃からだったと思うが、最初はその頃出ていた雑誌 “週刊小説”に、そして途中から雑誌が “ジェイ・ノベル”と代わったが、連載されていたエッセーがずっと本になって出ている。そのシリーズで本書が生前に刊行された最後のエッセー集となった。

老境となって腰痛などもあった著者のエッセーはそれまでのエッセーで何度も書かれた思い出話に、娘たちに無理やりっぽく連れ出された旅の記録がはさまるというスタイルで、この本でも基本的には同じである。しかし、その何度も書かれている過去の思い出話であるが、ひさしぶりに読んでみたら、この本の前半部分の文章が、一つ一つのエッセーがとても良く感じられた。文章とか全体のまとまりとかそういうことであるが、愛読者でない初めて北杜夫の文章を読む読者に勧められるものであると感じた。

娘たちにあちこち連れ出されるのは毎度のことなのだが、この腰痛があって車椅子を使っている著者が無理やりに連れ出されるありさまについて著者は常にその苦痛をドクトル的に淡々と述べている。この本でもある旅行から帰ってきたと思ったら、すぐつぎの旅行に出かけたりすることもあり、私はいささか旅行に対しての強迫的な思いがあるのではないかと感じる。エッセー中に書かれているが、子供の頃、一緒に旅行に連れてゆくことがなかったのが旅行に行きたがる要因となっているらしく、当時のエッセーを読んでいれば子供の頃、一緒に旅行に連れて行かれてないことは分かるので、それについてはなるほどと思った。

旅行といえば、ハワイへの旅行に江戸川乱歩の『吸血鬼』を持っていったが、文章も乱れていてあまり面白くなかったという旨のことを書いている。北杜夫といえば、怪人二十面相など乱歩経験の思い出を何度もエッセーに書いており、それどころか乱歩のパロディも含めて稚気に満ちたミステリー的小説も書いているので、当然ひさしぶりに読む『吸血鬼』を面白く読むと思ったら意外な感想なので、著者の老齢がそう感じさせたのかとも思えた。

ふだん書くことのない、女性たちとの交渉についてまとめて書いている回がある。マンボウ航海で、その後は記憶にないというように韜晦されて書いてあるくだりが、実際は性交渉を行っていたというようなことも書かれている。こういうことはあとで研究者があれこれ書くより、作家自身が書いておくほうが良いかもしれない。

最後の方での3回に渡って書かれている入院は大腿骨骨折によるものであり、命にかかわるものではなかったが、著者の老齢の境遇を感じさせるものである。その最後に著者は娘がきびしく骨折のリハビリをするのは、父親が優しい人間だと分かっているからである。自分は周囲の人たちに優しい人として記憶されているので死ぬのは怖くないと書いてあって、今読むとしみじみとする。


『図説 異星人』野田昌宏(河出書房新社 2002.5.20)

アメリカのSF雑誌、ペーパーバックのイラストを集めた本だが、意外にも聖徳太子の話から始まる。聖徳太子は火星人と会っていたのだ。そして火星人というと H. G. ウェルズということになるが、『宇宙戦争』はアメリカのSF雑誌にも新たなイラストとともに繰り返し再録されている(ラジオドラマが話題になった時代にも)のだなあということが、この本で分かる。

SF小説の始祖的ヴェルヌ、ウェルズの 19世紀後半から 20世紀にかけての時代の後、SF小説の古典黄金時代といわれるのはアメリカの 1940年代から 50年代にハインライン、アシモフ、ブラッドベリといった作家の名作が登場した時代だ。それまでの時代アメリカでは通俗的なSF小説が大衆向けSF雑誌で多数描かれてきていた。本書ではその歴史をたどり、通俗的大衆的な小説のイラスト、表紙として掲載された目をみはるような作品を多数載せている。

私はそもそもSF小説自体あまり読んでなかったので、この黄金期以前の通俗SFについては、そういう時代があったということ、そしてフレデリック・ブラウンの古典黄金期名作SFの一つ『発狂した宇宙』は若い頃読んだので、その中に描かれたような宇宙の怪物と半裸美女の世界というものがあったのだなという認識はあった。その『発狂した宇宙』は 40年代の作品であり、時代は太平洋戦争が終わった頃である。古い時代はいろいろとつつましく、性的なものに関して隠される部分が多かったというイメージがあるので、その時代にアメリカでは、すでに小説にしろイラストにしろ、半裸美女がどうしたこうしたというような内容があったのかというのが認識をあらたにさせられたことであり、自分の目で当時の雑誌を見て確認したかった。この本でそれがかなった。

半裸美女といえば、私が接してきた 1960年代以降のマス・メディアの中で、洋画などで描かれる未来、宇宙のコスチュームはレオタードが普通のイメージ(実際にはあまり具体例は思いつかない、一方国内物では「ウルトラマン」シリーズや「キャプテンウルトラ」など女性隊員はタイトではあるが、ズボンなのだ)である。そういった未来、宇宙ファッションの起源はどこなのか。また 1980年代以降発展した国内のアニメ・メディアやゲームでビキニ鎧とか水着鎧と呼ばれるコスチュームをはじめとして肌も露わな女性たちの、これを待ち望んでいたんだという気もする一方身も蓋もないという感じもあるファッションの起源は一体何なのだろうという興味があり、その起源の一つとしての大衆SF雑誌に描かれた美女のファッション・スタイルを見ることが出来る。

美女とそのファッションについてを除いても、この本に収録されたイラストの当時の宇宙その他の異界、怪物についてのイメージは強烈であり(印刷技術の関係で使う色の制限その他が逆に効果を上げたということはあるのだろうか?)、見ていて飽きない。


『半七捕物帳(三)』岡本綺堂(光文社、光文社文庫 2001.11.20 )

昨年から夢中で読んでいる捕物帳の元祖である。東京創元社、創元推理文庫版「日本探偵小説全集 名作集2」に収録された中島河太郎の「日本探偵小説小史」の岡本綺堂についての記述によると、このあたりで初期の雑誌連載が一区切りついて、掲載雑誌をいろいろと変えての掲載があったりしたようで、そのせいか一話のページ数が短いものがある。老人となった半七が若き新聞記者に語るという形式を内容的にも堅持しているため、話によっては半七自身の手がけた話でなく、他の岡っ引きが活躍する話があったが、3巻ではさらに岡っ引きが活躍する捕物帳でもないない話がある。「旅絵師」は幕府の命を受けた絵師が隠密として東北の藩に乗り込む話なんだが、これなんかもはや立派なスパイ小説ではないか。怪談じみた物語が、このシリーズの基調だが、この巻では「海坊主」など読ませる。「人形使い」は最初の方は夜中にモロに怪談の趣向である。人形怪談である。「異人の首」は怪談ではないが、異人の生首が出てくるショッキングな話で、舞台が幕末になって異人を受け入れ始めた横浜であるのも興味深く読ませる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感想集:活字本 2016.2

自分のページで感想文を発表してきていましたが、自分のページもやめたので感想文も今までよりコンパクトにしたいと思います。一つの記事に何冊かの本の感想をまとめます。

2016.2

『吉永小百合 街ものがたり』吉永小百合(講談社、講談社+α文庫 2003.12.20 原著書 1999.4 刊行)

2004年の秋に読んで感想を書こうと思って、今までずっと積んでおいた本、ラジオ番組をもとにした本らしい。文庫版の方は巻頭 8ページにわたってカラー写真有り。今まで世界各地へ旅したときの思い出を綴った内容である。アジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、オセアニアと旅行は全世界に及ぶ。と全体において吉永小百合調の思慮の感じられる、おだやかさのある本。

印象に残っているのは、海外旅行ではないけど「はじめに」で書かれている体験、15歳のときロケ地に向かうために一人で夜汽車に乗ったら、お金をすられて宿舎でジュースも飲めなかったとか、大女優にもそういうときがあったのだなあ。それから中国旅行で井上靖や大江健三郎と一緒に行ったという話を読んで、派手な芸能界だが、芸能の仕事でがんばっていい仕事を続けたら、こういう他の分野での一流の人たちと交流する機会があるから、どんどん知見も広がり深まってゆく、自ら人間的に向上しようと思ったらそのチャンスがある世界だし、逆に堕落しようと思ったらいくらでも堕落出来る世界であるなあと改めて感じた。今確認したら、その旅は中国というより井上靖の小説の舞台にもなった西域への旅で、日中文化交流協会の旅、1984年というから映画『玄海つれづれ節』の頃だから、結構後のこと(人気スター時代の後、押しも押されもしない女優時代になってから)なんだね。中国へはそれより前に 1977年に中国人民対外友好協会の招きで木下恵介、仲代達矢らと映画人の代表として訪れている。

はじめての海外旅行は17歳になってすぐ、映画人代表の団体でミラノの国際映画見本市へ行ったときだそうで、その頃はまだやっと日本人が自由に海外渡航できるようになった頃だ。これからもそばに置いて、折にふれて手に取って、世界のいろいろな話を楽しみたい本だ。


『ムッシュ!』かまやつひろし(文藝春秋、文春文庫 2009.11.10 原著書 2002 刊行)

舞台に出る前に内田裕也がムッシュ、あなたロックですか、フォークですか、どっちかはっきりしてくださいと問いただしたので、舞台に出て「フォークのかまやつです」と言ったら、裕也がソデで笑い崩れていたというエピソードが書かれている。私が、かまやつひろしを知ったのはこの頃、フォークとの接近時代だ。スパイダースというGSのグループは知っていたけど、マチャアキがいたグループという認識しかなかった。解散後、井上順と、かまやつひろしが所属しているレコード会社の 15分くらいの歌番組がちょうど日曜の午後にオンエアされていて、井上順が軽快な「昨日・今日・明日」を歌い、かまやつひろしが「独り者」というカントリー調でフォーク調の曲を歌った。1971年初夏の頃だ。それからしばらくしてラジオ番組の公開ライヴで軽妙なしゃべりで歌うのをときどき聞いているうちに「我が良き友よ」という曲が出て、ドラマは見てなかったが、鈴木ヒロミツが登場するラジオのスポットCMで、いい曲だなあと思ったら大ヒットした。1975年の春だ。「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」はムッシュがやっていた TBSの土曜の深夜の公開番組で聞いた。LPも買った。

ムッシュがロカビリー時代からの人だというのも、いつか知っていたが、赤木圭一郎が事故死したとき現場に一緒にいたというのは、この本で初めて知った。そういう時代から最近まで、日本のポップス・ロック史の一面を現場から語り、現場にいる一人として論評する、生きた日本のポップス・ロック史的な内容を持つ本である。

『アラビアンナイトの殺人』ディクスン・カー、宇野利泰訳(東京創元社、創元推理文庫 1961.6.16 原著 1936刊行)

1973年の秋の始め頃、13歳中二の私はこの分厚い文庫を買ってきて読み始めた。カーについてはその前に現代教養文庫から出ていた江戸川乱歩の随筆集『「探偵小説」の謎』の中での紹介の文章を読んでいて、密室とオカルト趣味の作風ということを知っていたが、冒頭の紹介文にクリスティー夫人も脱帽と書かれていた『皇帝のかぎ煙草入れ』を読んだら、全然普通のメロドラマだった。今度はどうかと思って読み始めたが……ほどなく中断、最初の方、なんだかまだるっこしくて面白くないのだ。それでずっと中断していて本も売っていたものを、30年ほど経った 2000年頃、新たに買ってきて一読したが、どうにも話が飲み込めず、もう一度読んだ。何人かの若者グループの誰が誰か分からなくなるような感じがあって読みにくい。普通こういう密室殺人に近いような内容ならば現場の見取り図みたいなのが載ってたりするが、そういうものもない。警部、副警視総監、警視の 3人が一夜に起きた東洋博物館での殺人事件の経緯と調査結果を語る。犯人まで推理されるが、それは間違っていて、犯人は逮捕されずに終わる。フェル博士が一晩 3人の話を聞いて真犯人を指摘するという構成だ。カーのオカルト趣味を期待したが、この本にはない。もう一つの作風のドタバタ喜劇は、副警視総監の語る大真面目な老いた宗教家の話の中に多少は意図されているようだった。3人の(アイルランド人、イングランド人、スコットランド人とそれぞれに異なる)語りによって事件を立体的、多面的に見せることが意図されていたと思うが、成功はしていない。解説の中島河太郎が、ヘイクラフトが本作を一時、カーの代表作の一つとしていたことに触れて、いろんな見方があるものだと思う他ないと書いているので、やはり目立った作品とは言えないのだろう。


『バッハ=魂のエヴァンゲリスト』磯山雅(講談社、講談社学芸文庫 2010.4.12 原著書 1985.4 東京書籍)

バッハのオルガン曲は、最初は「小フーガ」の入った 1枚物の LPを買ったのだが、そのうちヘルムート・ヴァルヒャのオルガン全集を買って聴くようになった。そしてかなりの間、そのオルガン全集ばかり聴いていたのだが、バッハの生涯については LP、CDの解説に簡単に触れられているものを読むだけでろくに知らなかった。一冊ちゃんとしたバッハの伝記的な本を読みたくて探したところ、この本を見つけた。この本はバッハの生涯を語る伝記として必要十分な内容であり、なおかつバッハの代表的な曲の数々を解説している。オルガン全集の後に、バッハのどの曲を聞けばいいか、良いガイドブックとなる本だった。


『半七捕物帳(二)』岡本綺堂(光文社、光文社文庫 2001.11.20)

1巻に引き続き、どんどんと読めてしまう面白さで、本格物としては不十分だが、ハードボイルドの味まで含んだミステリの様々な楽しみをたたえた作品集である。「津の国屋」の前半の怪談噺的展開とか「槍突き」の江戸時代の通り魔犯罪とか興味津々の事件がある。面白いのは、あくまでリアルに半七老人から捕り物のエピソードの話を聞くという形式なので、半七以外の岡っ引きの手柄話、時代をかなりさかのぼった話なども語られるところだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感想文:『子ども文化の現代史』野上暁

2015/08/22 『子ども文化の現代史』野上暁(大月書店 2015.3.20)

この本によると、第二次大戦太平洋戦争終戦後、民主的良心的で親や教師に歓迎されるような内容の児童文学雑誌(童話など)が(GHQから用紙を優遇されて)相次いで発刊された。私は読んだことはないが名作とされ、繰り返し映画化もされた『ビルマの竪琴』も、それらの雑誌の一つに連載されたというのを、この本で初めて知った。しかし、子どもたちは当然ながら、そういう親や教師の喜ぶような雑誌より俗悪と言われる粗末な漫画月刊誌の方を夢中になって読んだ。親や教師たちは悪書追放を唱え、手塚治虫の漫画さえ校庭で焚書されたという。しかし、漫画雑誌は発展し続け現在があるのは言うまでもない。

この本ではそういう大人が与える上からの良い子の「児童文化」でなく、大人が与えるものの中から子どもが選び、遊び、変容し、新しく価値を作り出し、子ども同士や大人たちに対してコミュニケイトするという行為であるところの「子ども文化」を、戦後すぐの何もなかったような時代から、電子ガジェットとインターネットの現代まで追いかけた本である。ただ漫然と時代を順に追うだけでなく、その時代時代でのテーマというか、人気の的となった現象、アイテム、メディアをまとまり良く語っている。簡にして要を得た子供文化史ハンドブックと言える。そして、著者の意図として、単に「子ども文化」そのものを語って終るのでなく、子ども文化に大きな影響を受けて形成されて行ったサブカルチャーの流れまでを把握しようとする。

面白いのは、1943年戦局が悪化して行っている時期に生まれた著者は前半、そのまま自らの生い立ち、思い出話を語るような調子で当時の子どもの遊びを語ってゆくが、それがしっかりと当時の子どもの遊びレポートになっている。もちろん戦前にも子どもの文化、遊び、オモチャというものはそれなりに発展していたが、戦争になり敗戦となって無と化し、オモチャに関して言うと、再び明治の頃のような原始的なオモチャから発展して行く流れを繰り返したのだ。長じて高度成長下で成人した著者は小学館に入社、“小学1年生” の編集部で働くようになり、今度は作り手の側から子ども文化を見て行くこととなり、全体としてまとまってこの 70年の子ども文化が語られているのである。

“小学1年生” の編集部ではまず締め切りを守る藤子不二雄の担当となるが、結局、手塚治虫を担当することになる。一方で講談社から代わって小学館が雑誌メディアを独占することになった第二次ウルトラシリーズ放映時に、ウルトラ兄弟という設定作りに関わった一人でもあるという(番組の人気挽回のために「帰ってきたウルトラマン」にウルトラマンとウルトラセブンが登場するとき、編集長が兄弟にしてはどうかと提案、これを聞いた大伴昌司が不満を漏らしたので、著者が “小学3年生” 71年11月号で―東映やくざ映画のような―義兄弟であることを発表したが、73年の「ウルトラマンタロウ」では―すでに当時中学生となった私などはあきれていたような―父や母まで登場しファミリー路線となったのだ)。

「オタク」というと、中森明夫による、その呼称の由来からコミケ、したがって漫画アニメ同人誌、同好者のムーヴメントという流れで私など考えがちだが、上記のように雑誌でウルトラ関係記事を担当したため円谷プロ関係の人脈のあった著者は“少年マガジン”などの図解記事で一時代を作った大伴昌司やその弟子的な位置にあった若者たち(竹内博たち)と交流があり、彼らの作る特撮SF同人誌を見ていて、特撮オタクという観点からオタクの発生を語っている。

1959年生まれで地方都市に育った私には、著者が語る終戦後の少年時代の思い出は部分的には、なんとか片鱗をイメージできるところもある。そして 1960年代から 70年代にかけての子ども文化は身近に接してその後、大人になってからも興味を持って知識を得て、一番良く分かる時代だ。80年代以降となると、その時々のブームとなったことは知ってはいても、内容は具体的に知らない事柄が多く(たとえば「ビックリマン」とはどういうものかとかこの本で初めて知った)、いろいろな知識を得られた。そしてまあ最後に現在の時点でいろいろと思うこと、希望と危惧が語られている。大塚英志の『メディアミックス化する日本』という 2014年に書かれた新書が取り上げられているが、システム化された根本的なところからのメディアミックス……どうなんだろうねえ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)