アイドルマスター 萩原雪歩 on キャラアニ.com

アイドルマスター 萩原雪歩 【2015年11月出荷予定分】
発売元 Phat!
予約期間 ~ 2015年7月6日

アイドルマスター 萩原雪歩 【2015年11月出荷予定分】
(C) BNEI/PROJECT iM@S

夏らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感想文:『会話』1,2 ナラボン

2015/05/31 『会話』1,2 ナラボン(講談社、少年マガジンKC 1 2013.11.15, 2 2015.1.16、電子書籍版 eBookJapanよりダウンロード )

“少年マガジン” の兄弟誌である月刊誌 “マガジンSPECIAL” に連載されたギャグマンガ「会話」が単行本 2巻にまとまっている。 2巻というと分量が少ないようだが、毎回多くないページ数の連載で、ちょうど高校 1年から卒業までの 3年間を描き切れているのだ。ヒロインは、ちょっぴりドジな女の子チョコとクールな女の子もなかの二人、最近の流行りのようにギャグマンガといっても美少女を前面に出した、そんなに笑えないマンガ、いやそもそも絵は可愛いのに読む気にもならないマンガだろうか? 「会話」というタイトルもユニークだが、いかにも女の子のたわいない会話のマンガだろうか……まず私にとってはギャグマンガに合った、適度にシンプルならがも可愛い女の子二人に魅かれて読んでみると…1,2話目ではまだわからないけど 3話(覚えてないけど、たぶん連載開始時は 1,2話同時掲載で 2回目が 3話……じゃなかった?)で、さっそくぶっとんだ展開になって、シリーズ全体を一言でいうと、痛快ほら話的展開が随所にある、真正面からギャグやっているマンガであった。もちろん、そういうの私は大好きである。他の雑誌はほとんど知らないけど、“マガジンSPECIAL” ってしっかりギャグマンガを載せてる雑誌だったのだが、このマンガもそうだったのだ。

『会話』 (1)   『会話』 (2)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感想文:『ないしょのつぼみ』7 やぶうち優

2015/05/30 『ないしょのつぼみ』7 やぶうち優(小学館、ちゃおフラワーコミックス 2011.5.3)

最初に、直接この本には関係ないけど、最近年齢のせいか漫画本がなかなか読めなくなって、愛読している女性作家である赤石路代、やぶうち優の本も何冊も積んである。この『ないしょのつぼみ』7は、2年前に最初の方だけ読んで、止まっていた。

そもそもの作風に加えて、掲載雑誌が学年誌であるということも影響してか、淡々とした、この「ないしょのつぼみ」シリーズであるが、この 7は、今までに較べて一層薄いというかシンプルというか……。1年かけて解決されるお話の流れは、ヒロインつぼみが出会った男の子は幽霊?なのだが、魂が体を抜けたときに記憶が失われている。彼の過去を取り戻そうとする、つぼみ、そして交流してゆくうちに、だんだんと淡い想いを抱くようになっている。果たして記憶は取り戻せるのか、つぼみとの関係はどうなるのか……シリーズの今までだと、そのメインのストーリー展開とともに各回いろいろと事件が起こり、その事件のいくつかは「性教育まんが」としての内容に相応しいものであった。今回、「性教育まんが」的なところは、つぼみがはじめての生理を気にして母から整理用ショーツを与えられるところ、走ると乳首がこすれて気になり、ブラジャーを父母(父は産婦人科医である)から与えられるシーン、後はプールで友だちのスタイルを気にするところくらいか、あるにはあるがとても簡単に済ませている。女の子の友だちはいつも通り二人いるが、友達の出番も少ない(夏に起きるちょっとやばい事件もない)。両親の存在感が薄いこのシリーズであるが、いつにも増して薄い(ところで、最初、父は納骨に行ってなかったらしいのだが、仕事?)。

単行本に関しては「性教育まんが」的側面は巻末に収録されている第1期の番外編二編が肩代わりしてると言える。ところでひさびさにその第1期の絵を見ると、同じようでも約 6年経つと変わるものだねえ。

メインのストーリーに関してはクライマックスで十分盛り上がってスマートにエンディングを迎えるので、それは良い(そこで登場する幽霊?昴の母もやっぱり出番少ないねえ)。アストロツインという言葉を覚えておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

(再掲)感想文:漫画単行本『『大好きが虫はタダシくんの』阿部共実

web「「すわてのメモ」ページ」閉鎖予定につき、今まで書いていた感想文をこのブログに書いてゆくことにしたので、その手始めに今年になって書いた感想文を再掲載します。

2015/02/28『大好きが虫はタダシくんの』阿部共実(秋田書店、少年チャンピオンコミックス 2013.1.20、電子書籍版 eBookJapanよりダウンロード )

毎週“少年チャンピオン”で読んだ『空が灰色だから』は買おうかどうか迷ったけれど、最近は漫画本を貯めるのをやめたい気になっているので買っていない。この作品集『大好きが虫はタダシくんの』は、『空が灰色だから』の 4巻と同時に出た、と思うが、今ネット書店で確認した、間違いなかった。『空が灰色だから』は買わなかったが、一冊で済むこれは買ってよもうかという気になったのだ。この作品集には“少年チャンピオン”でのデビュー作、新人賞の、どこまで行ったのか覚えてないが、新人賞にかかわっていた作品だったと思う「破壊症候群」が収録されている。。キュートでポップな今様の絵柄だが、でもどっかで見たような気もする。賞の評者の一人、浜岡賢次もそんなことを書いていたように思うが今、確認出来ない。そのどっかで見たようなというのは特定の作家でなくて、今の時代に出てくるべくして出てきたような絵柄というような感じなのかも知れない。非常に説得力のある絵柄と言えよう。でもって、その作品「破壊症候群」だが、よっぽど切り取って保存しておこうかと思った。新人の読み切りで、ここまで思うのはめったにない。探したが無かったので保存はしてなかったみたいだが、そのためにもこの本はありがたい。

それから今、“少年チャンピオン”の webコミック・サイトの“Champion タップ!”というのが運営されているが、『空が灰色だから』連載中に、今から思うと、その試験的な試みが、「浦安鉄筋家族」の特設サイトという形だったと記憶するが、あって、そのサイトで短期連載されたのが、この本で分量的に一番大きな「ドラゴンスワロウ」で、毎回毎回が何かある「空が灰色だから」に較べて、乙女二人の百合な片思いをギャグで流したなんとも言えぬいい感じが記憶に残った。その「ドラゴンスワロウ」がこの本で読める。後は巻頭のカラーは、これは「空が灰色だから」がカラーページの回のときのものだね、これは保存しているのもあるはず。

「破壊症候群」はSF的ファンタジーでアクションもあるという話なので、この先活動が続くならそういう方向で展開されるのだろうと感じられたから、「空が灰色だから」が最初に短期連載の「空が灰色だから手をつなごう」で登場したときは意外だったが、しかし確実な手ごたえがあった。はたして5巻分の作品の結実があった。そのさまをライヴで毎週見られたのはうれしいことだった。

「ドラゴンスワロウ」を落ち着いて再読したが、全般的に片思いの彼女の突っ込むギャグで流れてゆく、たわいない流れの中にふと情感あふれるコマとか、世界がいい雰囲気のコマがあって愛すべき作品である。後の作品は未読だったが、ギャグをかましながら、キュートに世界と人間の生に切迫する作者の漫画の可能性が伺える好編がそろっているというと褒め過ぎか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

児童ポルノ禁止法とその改正案をめぐって思うこと

以下の文章は私の推測、憶測を含む意見感想です。この記事はそのうち削除するかも知れません。


単純所持と表現物規制という方向で改悪されるおそれのある児童ポルノ禁止法であるが、改悪を主張する人たちはどういう人たちなのか。まず、警察関係者や教育関係者の中には、おそろっしくエッチなものに対する許容範囲が狭い人たちがいる。こういう人たちに接したことがなくて、ふだん自由に楽しく生きていて、たとえばコミケとかで自由にマンガを書いたり読んだり、コスプレして、その中にはけっこう肌の露出の多い女の子もいて、というような世界しか知らない人には想像がなかなかつきにくいのだろうけど、今、出ている雑誌の大半はポルノだというような人がいるみたいなんだな。それこそ、現行の児童ポルノ禁止法の児童ポルノの定義を極限まで広く当てはめて、家に帰って茶の間で、ふんぞりかえって「ポルノばっかりだ、けしからん」と言ってるような人が想像される。

それから一部の偏って道徳的で熱心な宗教家。それから偏って極端な、ごく一部のフェミニズム論者。とても視野が狭くて独善的な正義をきどったマスコミ関係者たち。詳しくは書かないが、とにかくふだん自由に楽しく生きていてる人たちから見れば、ちょっとそばによるのは勘弁して欲しいような人たちが確かに存在しているだろう。そういった人たちにさらに政治経済的な利権が絡んでいて動いている人たちもいるだろう。インターネット関係者で、そういう利権絡みの上からの規制に、なんら危機感を持ってなくて、喜んで力を貸そうとしているような人もいるかも知れない。ネットとマスコミが対抗しているように言われるが、一部のポータルサイトとかそういうマスを相手にしているインターネット関係者には、かつてのマスコミの悪い部分をそのまま受け継いでいるような人たちもいるかも知れない。


そういう人たちを支持してしまうのは、どういう人たちかと言うと、事実をよく知らない、きれいごとのイメージで動かされ、簡単な欲で動かされる人。表現の自由とかいろいろな自由権という憲法の根本のようなことについて考えたことがなくて、上からの規制を当然と思うような教育をされてきた人たち。そして宮台真司とかが良く言っているらしい(今、私は『幸福論』という、宮台真司と他二人の若い社会学者が対話している本をずっと読んでいるのです)「不安のポピュリズム」に動かされる人たち。


「不安のポピュリズム」に関連して思うことは、漫画に対する攻撃というのは、それこそ 50年以上前の、まだ漫画週刊誌が生まれる前からあって、手塚治虫の漫画などが槍玉に上がったりしたが、かつてのそれがマスコミの一部の俗悪と言われるものを表現している部分に対しての攻撃であったのに対し、昨今のそれはマスコミと並んで同人誌とかインターネット上の同人的な表現に向かうことが多くなっているようだ。コミケに代表される漫画等同人の巨大な社会が成立するとともに、その近辺における、なんだか良く分からない奴ら、なんだか良く分からない若者たち、に対する不安、コミュニケーション不足、そういうことから生じる心理がうまく規制推進を支持する動きに利用されているのではと思う。ネットの掲示板をいろいろ見ても、児童ポルノ法に反対しているのはキモオタだけ、みたいなことをわざわざ、漫画、同人関係の掲示板等で言ってる人たちって、おそらくはそのキモオタたちを身近に見ている人たちだろうね。

ところで「不安のポピュリズム」については、児童ポルノ法改正反対を唱えている人たちの中にもあると思う。ふだん、そういうことになんら関心を持ってなかったのに、ネットの掲示板で話題になってるのを見て、急に大変なことに気づいて、でもどうすればいいか分からない。内容は改正反対でも、ひたすら同じ文章のコピー&ペーストを繰り返すという人たちはそうなのかも知れない。もちろん見て見苦しいものであるので、自分の言葉で意見を主張して欲しいとは思うけど、こればかりは本人にかかっている。

児童ポルノ法改正には反対だけど、ある程度は規制された方がいいとか、自分の好きな漫画の規制は反対だが、「××」と「○○」(具体的な作品名や作者名が入る)は規制されてもいいとか言うような人もいるが、いったん、法的に規制されると、それこそ漫画について何も分かってないような人たちが取り締まりにかかわるわけで、そういうものの分かった、的を得た規制なんてものがされることは期待出来ない。上からの規制、法的規制と、自主規制とかよく言われるが、ちゃんとその業界の状況が分かっている製作流通読者のサークル内で行われる配慮とはかなり違う。そこらへんで、「規制」ってことに鈍感な言説というのも勘弁して欲しいと私は思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

児童を救う本来の意図を離れて問題がある児童ポルノ禁止法とその改正案についての覚え書き

この記事は状況に応じて、新しい記事として書き換えるかも知れません。その場合、この記事は削除します。


児童ポルノ禁止法、「児童売春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」。手元の『デイリー六法 平成21年度版』では、p.1509 から p.1511 にかけて掲載。平成11年(1999年)施行、最終改正平成16年(2004年)。国際的に問題になっている児童ポルノ製作による児童の被害を防ぎ、被害を受けた児童を救済する目的であるが、現在施行されている内容及び、先だっても(6月26日)衆院法務委員会で審議され、与野党修正協議の末、国会解散によって廃案となった改正案は、本来の目的を離れて表現の自由の侵害や不当逮捕等につながる危険が指摘されており、ネット上で広範に反対の声が上がっている。

現行の内容では、第二条、児童の定義が 18歳未満であることの妥当性、第二条三 「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」という定義のあいまいさに疑問がある。第二条三により児童ポルノとされているものは「三号ポルノ」という通称で呼ばれている。

改正案の内容では単純所持の処罰が不当逮捕等の人権侵害につながる、漫画、アニメ、ゲーム等、モデルのいない創作物に対しての適用が表現の自由の侵害につながるおそれがある。

私としては、この法案(現行のもの及び改正案)によって、私が広く愛する漫画やアイドル・グラビアなどの創作表現が規制されること、規制の動きそのものがそれらの創作表現を享受する上で、心理的に不快な圧迫となってくる。加えて、これらの改正方向は、本来の児童ポルノ製作流通を阻止し、児童を救済するという目的からはずれていっている。そういったことから、この改正案に反対を唱えたい

改正を主張する言説の一部のほこさきが本来の児童ポルノ(というものは私は見たこともないし、どういう風に流通してきたのかも知らないが)からそれて向かっている漫画等の表現の中には、子供向け大人向けを問わず、無論エッチなものや、成年向けとして、かつてのエロ劇画からの流れの上にある美少女エロ漫画等もあるが、それらの表現は長く製作者側と流通側、読者等によって配慮をもって扱われてきたもので、その配慮の仕方にまだ不十分なものがあるにしても、上から一律に規制するにはなじまない表現物である。

これらの問題について、よくまとまっているページ「三号ポルノ/ 同人用語の基礎知識

児童ポルノ禁止法改正案緊急声明についての解説

こういった声もある。「「児童ポルノ禁止法」で日本のマンガ・アニメが衰退する」森永卓郎

2008-02-09 児童ポルノ規正法改悪に反対する」 小谷野敦。近著『美人好きは罪悪か?』(ちくま新書)でも、この問題について触れている個所がある。


各政党の見解、改正賛成派議員、反対派議員についてなどの記事はいろいろとネット上にある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ああ、儂の可愛い亜矢子、ちょっとネタばらしあり

18歳以上対象、アダルト、エロマンガ、成年マンガの話題。ネタばらしあり。

散歩の途中でふと伊駒一平の長編『キャスター亜矢子』のクライマックスでの局長の叫びのリアリティを改めて、しみじみと感じたりしたもので(笑)。

私ゃ、それほどエロマンガ、量読んでないけど、この十年来、読んで来てる作家の一人が伊駒一平。エロ劇画以外、及び一般青年誌に載ってるお色気作品以外で、同年代 40代の読者に勧められるエロマンガというと、まず私は伊駒一平を挙げるね。なんつうか、セックスそのものがそこにある、みたいな作品を描いてきているのだ。

『キャスター亜矢子』は、2001年くらいかな、つぶれた平和出版の雑誌に連載された長編。大体エロマンガ雑誌に載ってる作品って、ほとんど短編の読み切り。伊駒一平も、それまでずっと短編ばかり読んできたので、長編期待したけど、これはちょっと苦しかった。単行本で三巻あるのだけど、各巻、他の短編も収録されてるので、長さは実質 2冊ちょっとくらいか? これだけの長さの長編を支えるには、舞台である放送局、業界、人物の描写が不足、いつもの短編なら、それでいいんだけどね。長編だと、やっぱり、舞台を描くのに一般青年誌連載クォリティーが必要なのかね、資料の準備とかアシスタントとかもだろうし、人物もただエロだけで動いてるってわけにもいかない。

そんな、作品としては物足りない長編だったけど、3巻、クライマックス部分の迫力は圧巻だった。これは短編では出せない。ヒロインはただのおとなしい人妻でなく、職業的野心のあるニュースキャスターで、バツイチ。別れた亭主がカメラマンで、業界ゴロみたいになってて亜矢子のエロテープを持ってて、亜矢子に目をつけた局長がそれを手に入れて亜矢子を脅して、自分のものにしてゆく、みたいなストーリー、大体。

中年の下品な欲望の固まりみたいな、権力も持ってる局長ってのが、憎たらしくキャラが立ってるわけだけど、その局長がとうとう、亜矢子を手に入れて好き放題したあげく、亜矢子の奴隷となって、儂の可愛い亜矢子、とか叫ぶんだよね、最後に。あれは良かった、うん。そういうことを感じた 2008年の桜も散った頃。

(追記 2008.4.26 局長というのは放送局の編成局長)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1972年の秋に読んだ乱歩「パノラマ島奇談」原作のマンガは高階良子の「血とばらの悪魔」だった

漫棚通信ブログ版」さんが、丸尾末広が江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」を漫画化したものを紹介されている。「丸尾ミーツ乱歩『パノラマ島綺譚』」、その記事を読んで、そーいや少女マンガで「パノラマ島奇談」をマンガにしたものを読んだなあと思い出した。1972年の秋のこと、最終回が載っていた雑誌、乱歩を読み始める直前のことで、最初は乱歩原作と気づかなかった。面白そうだなーと読んでいるうちに、原作が明記されていたからだろうけど、分かった。最後の花火の場面、そして、その前の方の号だったかも知れないが、海底トンネルもあったと思う。以前書いた、ラジオのニッポン放送のドラマ「パノラマ島奇談」が、ちょうど放送されてた頃だ。


ネットで検索してみたら、こちらで紹介されていた。「セサミのお庭」、「なかよし時代」。そうだ、題名は「血とばらの悪魔」、そうだった、そうだった。作者は高階良子だったのだね(この他の作品は知らないが、名前は見かける)。

さらに調べると、文庫化された本が、ブログ「飾釦」さんの記事「
漫画no乱歩#2⇒「血とばらの悪魔」by高階良子
」で紹介されていた。講談社から 1999年に出たようだが、今は品切れのようだ。

その 1972年頃、妹が“りぼん”をよく買っていたので、この「血とばらの悪魔」も、てっきり“りぼん”に載ってたものと思い込んでいたが、講談社から出てる? さらに検索してみると「桜の栞」さん、「『血とばらの悪魔』 高階良子 原作:江戸川乱歩」、〈1971年『なかよし』11月号から連載を開始した『血とばらの悪魔』は、〉とある。“なかよし”だったのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)