« 感想文:『鯉とガスパチョ』ヒカシュー | Main | 感想文:『子ども文化の現代史』野上暁 »

感想文:“In Concert '70 & '72” Deep Purple

2015/07/06 “In Concert '70 & '72” Deep Purple ( Moraでダウンロード購入 2012.6.13 オリジナルLP 1980発表)

この感想を書くために調べてたら、どうも CDの 2枚目の方の 6曲目 “Space Truckin' ” がオンライン版では抜けてるのだなあ。

もとは 1980年に出された二枚組LPで日本では 1981年発売だそうで、確かにその頃だった。もちろん彼らの極上の第二期のライヴなのだが、ちょうど私が一通りディープ・パープルを聴き終わった頃に出たということで、しかもレコード会社はワーナーじゃなくてトリオという、オーディオ製品ならともかくレコード会社としてはあまりなじみのないところだし、後回しになってそのまま来ていた。最近では PCに取り込んでひさびさにあの『ライヴ・イン・ジャパン』を聴いてみると、なかなかに、そりゃ二十歳の頃は幾度となく聴いていたけど、今聴くとこれがまたいろいろと新たな感慨、発見があるのですよ。そして、前半、アルバム『イン・ロック』発売時の 1970年の 2月と後半、『マシン・ヘッド』発売時の 1972年 3月のライヴからなる、このライヴ盤、聴いてみると胸いっぱいのものがある。前半は、当時において、まことにイノヴェイティヴであり、最初から最後までハードな音が詰まりまくっているあのアルバムそのままの感触で、後半は後年様式美と言われるパープルのスタイルを決定づけたアルバム発表時であるが、まだライヴのスタイルが固まりきらない、どちらにおいても縦横にハードな音がドライヴしまくりである。持てる可能性めいっぱい試し自らの音楽性をアピール、重なるライヴ営業に倦んでいない時期の、時代も彼ら自身も清新な魅力に満ちた時期のライヴ盤である。

ファースト・アルバムの「マンドレイク・ルート」を聴くと、ディープ・パープルのサウンドが基本的には最初から第二期に通じるものであったと分るのだけど、第二期ラインナップとしての「マンドレイク・ルート」がこのアルバムで聴ける。イアン・ギランが第一期の「ハッシュ」を歌うのは編集盤アルバム『パワーハウス』で聴いているけど、今回はじめてギランの「マンドレイク・ルート」を聴いた。なんというか、こうなるかというギランらしいエクストリームなヴォーカルが微笑ましい。後半の客はピーピー鳴らすオモチャみたいなのも持ち込んでいて、MC時に多少ざわついて耳障りであった。

|

« 感想文:『鯉とガスパチョ』ヒカシュー | Main | 感想文:『子ども文化の現代史』野上暁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17204/61848026

Listed below are links to weblogs that reference 感想文:“In Concert '70 & '72” Deep Purple :

« 感想文:『鯉とガスパチョ』ヒカシュー | Main | 感想文:『子ども文化の現代史』野上暁 »