« PUSH!! イラストアーカイブス 表紙絵 有葉 カバーガール on キャラアニ.com | Main | 乱歩再読メモ 『影男』 »

乱歩再読メモ 『大金塊』

1978年版講談社江戸川乱歩全集に収録されている少年物は先に記事を書いた『怪人二十面相』、『少年探偵団』、『妖怪博士』が1巻に収録され、次に『大金塊』、『青銅の魔人』、『宇宙怪人』が続く巻に収録されている。そのうち『青銅の魔人』、『宇宙怪人』は戦後になって少年物執筆再開時の作品、戦前の作品は『大金塊』と他に『新宝島』がある。戦後の手塚治虫のデビュー作と同名の『新宝島』は南方の島を舞台にした、当時の国策にも合致したような冒険物であるらしく、戦前に書かれた少年物のミステリ作品は、この『大金塊』が最後である。怪人二十面相が登場しない唯一の少年物長編だという、この長編は当然二十面相の代わりの犯人一味が登場している。この犯人一味、首領や部下たちが二十面相と代わって存分に活躍させられそうな魅力を備えたキャラクターであるにもかかわらず、太平洋戦争開幕前夜でだんだんと探偵小説などが書きづらくなった世相が反映されているのかどうか、それとも乱歩の飽き性によるのか、以前の二十面相物に較べると盛り下がったものになっている。場面は留守を守る少年が盗賊に襲われる発端、それから小林少年が代わりに誘拐されて脱出する前半、暗号文に書かれた島の洞窟探検の二場面のみなのだ。しかも作中でも触れられている『妖怪博士』に続いての洞窟舞台である。でも作品の長さ自体は、以前の長編と変りないのである。

お屋敷に暮らす少年が父の留守に一人番をしている夜に盗賊が入るエピソードはモーリス・ルブランのルパン物第一作である短編集『怪盗紳士』の「ハートの7」のエピソードをそのまま流用している。ベッドで寝ようとしたところ、賊が見張っているぞとのおどしの文を見つけて、見るとカーテンの向こうから賊が見張っているので一晩身動き出来ないというシチュエーションである。乱歩は以前の通俗長編でも、これに基づくトリックを使っているけど、ここではそのまんま借用されている。私は子供時代、最初ホームズ物ばかり読んでいたが、学校図書館にポプラ社の新しいルパン全集(オイルショック以前のこととて、子供向けの本はペーパーバック的な軽装でなくて、しっかりした作りのものが多く、このシリーズも厚い表紙でビニールカヴァーがつき、箱に入っていた)が入ったのに刺激されて、自分で本屋でその全集の『怪盗紳士』を買って読んだ。『怪盗紳士』を選んだのは、これが第一作であることを知ったのと(巻数は 7巻目だったと思う)、短編集で読みやすそうだったからだ。その中で「ハートの7」を読んだときは、もし主人公と同じ目、つまり寝ているときに、動くなと書いた紙を見つけて、隅から賊が狙っていたら自分ならどうするだろうと、真に迫って状況を空想した思い出がある。だから、もしこの『大金塊』でも、このたわいないようなエピソードでも読んでる子供にとっては強烈な印象を与えたことだろうと思う。

続いては、またですか、という感じの人間椅子トリックによって、お屋敷の少年に扮した小林少年が賊にさらわれる。ここで小林少年が明智探偵の作った万能鍵で牢屋を脱するというのは、いささか安易というか今のネット風に言うとチートな感じだが、それでも賊の手中に落ちた小林少年が賊たちの様子をうかがいながら行動を開始し、賊の首領の正体を見る一連の場面は読んでいる子供たちには迫真のスリルではないかと思う。そこで出し抜かれた賊一味が次に何かたくらむのかと思ったら(賊から明智に届いた手紙には最後の手段があると書いてあるのだが、結局賊たちは明智たちの後をつけてきただけとう展開)、もうすぐに明智が小林少年とお屋敷の父子と暗号文の島へ出向くのだ。この暗号に書かれた島がどこかを見つけるのも、知り合いの登山家が暗号文に書かれた動物の名前の岩がある島を知っていたという安易な展開だ。でも、三重県にあるというその、地元の漁師が行きたがらない島に舟を雇って向う場面、巨岩を前にしての見立ての暗号解読、続いての洞窟探検と、読んでる分には先はどうなるのだろうという迫真の展開が続くのだ。前の巻の『妖怪博士』でも思ったが、引いて大人の目で客観的に評価すると、たわいない、『怪人二十面相』、『少年探偵団』に較べて盛り下がった安易な内容であっても、子供の気持ちで読んでる分には十分に迫真のスリルある読み物である、ということもあるのだ。そういう点では、乱歩は押さえるべきところを押さえているのだ。

ところで、高尚な少年愛文献研究に取り組んだ乱歩の描く明智と小林少年の関係というのもふだんから十分に妖しいものが漂っているのだが、この作品は、加えて海水の流入する洞窟を二人っきりで小林少年とお屋敷の少年がやたらと手をつないだりして逃げ惑う。

|

« PUSH!! イラストアーカイブス 表紙絵 有葉 カバーガール on キャラアニ.com | Main | 乱歩再読メモ 『影男』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17204/61470002

Listed below are links to weblogs that reference 乱歩再読メモ 『大金塊』:

« PUSH!! イラストアーカイブス 表紙絵 有葉 カバーガール on キャラアニ.com | Main | 乱歩再読メモ 『影男』 »