« 乱歩再読メモ『怪人二十面相』、『少年探偵団』、『妖怪博士』 | Main | PUSH!! イラストアーカイブス 表紙絵 有葉 カバーガール on キャラアニ.com »

乱歩再読メモ『化人幻戯』

以前に書いたように、乱歩を読み出した 1972年当時うちにあった平凡社の「国民百科事典」の中島河太郎が書いていた「探偵小説」の項目に海外と日本それぞれのベスト50(だったと思う)の表があって、その表中の乱歩作品が「二銭銅貨」「心理試験」「陰獣」、そして『化人幻戯』だった。その頃、ジュニア向けのホームズ、ルパン物から創元推理文庫に読み進んで、それほど量を読んでいたのではないが、本格推理読書一辺倒だった私は、謎めいた題名とともに、乱歩が書いた本格推理長編、しかも戦後の作品だということを知って興味を持った。1973年正月明け、中一の冬、新潮文庫の『江戸川乱歩傑作選』に続いて春陽文庫の『黄金仮面』、『化人幻戯』、これも戦後、『化人幻戯』と平行して書かれた『影男』の三冊を買った。『化人幻戯』は『黄金仮面』に続いて読んだ乱歩の二冊目の長編である。その後、十代のうちに一度は読み返したことはあったと思うが、今回創元推理文庫「日本探偵小説全集」江戸川乱歩の巻に収録されているものを、ひさびさに再読した。ちなみに電子書籍版では eBookJapanで、創元推理文庫版の乱歩本がいろいろ読めるのだが(創元推理文庫から乱歩の本が出るなんて、かつては想像出来なかった)、現在のところ「日本探偵小説全集」は電子化されていないので、乱歩の通俗長編は読めても一番の名作集が読めないという不満足な状況である。

乱歩の長編評、大内茂男「華麗なユートピア」でも、これで乱歩の長編目録に堂々たる本格物を付け加えることが出来たと喜んでいる。乱歩待望の本格長編は、戦時色が強まって通俗長編も少年物探偵小説ですら時局に相応しくないということで書けなくなった乱歩が戦後を迎えて、自分のエログロな作風を反省するとともに、戦中から夢中になっていた海外本格推理小説の渉猟紹介、日本の探偵小説振興活動が中心となって自己の創作は二の次となっていた戦後の乱歩が終戦から10年を経て還暦を迎える記念に一念発起して取り組んだ長編創作の一つが、この『化人幻戯』だった。

この長編の推理小説としての出来栄えと直接関係ないところで乱歩愛読者に興味深いと思われるのは、懐かしい明智小五郎が探偵役として登場することだろう。加えて小林少年まで登場する。明智小五郎は相応に歳を取っている設定で、50を過ぎてまだかくしゃくとしているように書かれているが、戦前の作品群から計算すると、この作品の作中の年代における実際の年齢よりはちょっと若く描かれているのではと思う。それでも明智探偵はまだちゃんと歳を取っていることが描かれているのだが、小林少年は昭和10年頃の『人間豹』( 2014.12.24 追記 小林少年初登場作を『人間豹』と思って作品名をあげていた。小林少年初登場は昭和5,6年頃の『吸血鬼』)あるいは初期の少年探偵団シリーズの頃と同じように描かれているのが面白い。おかしいといえばおかしいが、小林少年は、やはり永遠の美少年でなくてはならないのだろう(実際には、少年向けのシリーズで以前と同じように書いているので、ついそのまま書いてしまったという可能性もあるだろうけど)( 2014.11.18 追記 いや、少年向けシリーズには明智探偵も出てくるのだから、小林少年だけ、つい以前と同じに書くというのもおかしいか)。

冒頭、推理小説好きの若者、庄司武彦が元華族の大金持ち、大河原義明の秘書に雇われるところから物語は始まるのだが、これまたミステリ好きの大河原義明が武彦相手に話をはずませて、乱歩に会ったことがあると言うと、武彦は明智小五郎と知己であることを告げ、乱歩が書いている明智小五郎の活躍譚は「半分は作り話だそうです」と言うのが面白い。この小説は、それまでの明智小五郎の登場する通俗長編とは違うものだと言うことにもなるのかも知れない。

ミステリ好きの元華族の屋敷を舞台に、美しいその夫人と武彦の恋慕の情、秘密結社の殺人予告におびえる男、そして起こる殺人。現場を確かめに行く大河原義明と武彦……と、いい感じにミステリアスな雰囲気がかもし出されて行く。と、そのあたりまで話が進んでから、今度は視点が変わって、明智に協力をあおいでいる警視庁の刑事箕浦の調査を中心に描かれる。このたび再読するまで、ここらへんのストーリーの真ん中あたりのエピソードをすっかり忘れていたのだが、このあたりがまた読ませる。

堂々たる乱歩の本格長編で、かつてのエログロ通俗長編とは違う……のは確かなのだけど、今度はもっと時代が下がったポルノ小説流行の1960, 70年代的エロにつながるような描写がある。ストーリー上必然性のあるシーンでありミステリ専門誌としての節度はあるものの、大河原夫人が武彦を浴室で誘惑するシーン……西洋の本格推理長編にこういうシーンがあるだろうか? そう考えると、この小説もやはりまた一つの乱歩の世界だなあと思う。

乱歩はこの時期、内外本格ミステリを研究して「類別トリック集成」を作っているが、同時に犯罪動機の分類も行っており、異常な犯罪動機についてへの興味もしっかりと示している。この作品はそうした乱歩の興味が見事に反映されたものと言える。乱歩の本格推理長編としても秀作だが、このたび再読して感じたのは、それ以上に圧倒的なクライマックス、防空壕跡の地下室での明智と真犯人の対峙、告白シーンの迫真性である。戦前は「変格推理」と呼ばれた側面、異常な犯罪心理、犯人の心理や犯罪をめぐる心理的スリルと美を描いてきて人間というものに迫り、数々の名品を生み出してきた乱歩の変わらぬ文学的追求の姿がここにあると感じた。

|

« 乱歩再読メモ『怪人二十面相』、『少年探偵団』、『妖怪博士』 | Main | PUSH!! イラストアーカイブス 表紙絵 有葉 カバーガール on キャラアニ.com »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17204/60670071

Listed below are links to weblogs that reference 乱歩再読メモ『化人幻戯』:

« 乱歩再読メモ『怪人二十面相』、『少年探偵団』、『妖怪博士』 | Main | PUSH!! イラストアーカイブス 表紙絵 有葉 カバーガール on キャラアニ.com »