« ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドの覚え書き | Main | いわゆるアイドルグラビアとはまた違う「いもうと」「小中学生限定」とかいうものがある »

ああ、儂の可愛い亜矢子、ちょっとネタばらしあり

18歳以上対象、アダルト、エロマンガ、成年マンガの話題。ネタばらしあり。

散歩の途中でふと伊駒一平の長編『キャスター亜矢子』のクライマックスでの局長の叫びのリアリティを改めて、しみじみと感じたりしたもので(笑)。

私ゃ、それほどエロマンガ、量読んでないけど、この十年来、読んで来てる作家の一人が伊駒一平。エロ劇画以外、及び一般青年誌に載ってるお色気作品以外で、同年代 40代の読者に勧められるエロマンガというと、まず私は伊駒一平を挙げるね。なんつうか、セックスそのものがそこにある、みたいな作品を描いてきているのだ。

『キャスター亜矢子』は、2001年くらいかな、つぶれた平和出版の雑誌に連載された長編。大体エロマンガ雑誌に載ってる作品って、ほとんど短編の読み切り。伊駒一平も、それまでずっと短編ばかり読んできたので、長編期待したけど、これはちょっと苦しかった。単行本で三巻あるのだけど、各巻、他の短編も収録されてるので、長さは実質 2冊ちょっとくらいか? これだけの長さの長編を支えるには、舞台である放送局、業界、人物の描写が不足、いつもの短編なら、それでいいんだけどね。長編だと、やっぱり、舞台を描くのに一般青年誌連載クォリティーが必要なのかね、資料の準備とかアシスタントとかもだろうし、人物もただエロだけで動いてるってわけにもいかない。

そんな、作品としては物足りない長編だったけど、3巻、クライマックス部分の迫力は圧巻だった。これは短編では出せない。ヒロインはただのおとなしい人妻でなく、職業的野心のあるニュースキャスターで、バツイチ。別れた亭主がカメラマンで、業界ゴロみたいになってて亜矢子のエロテープを持ってて、亜矢子に目をつけた局長がそれを手に入れて亜矢子を脅して、自分のものにしてゆく、みたいなストーリー、大体。

中年の下品な欲望の固まりみたいな、権力も持ってる局長ってのが、憎たらしくキャラが立ってるわけだけど、その局長がとうとう、亜矢子を手に入れて好き放題したあげく、亜矢子の奴隷となって、儂の可愛い亜矢子、とか叫ぶんだよね、最後に。あれは良かった、うん。そういうことを感じた 2008年の桜も散った頃。

(追記 2008.4.26 局長というのは放送局の編成局長)

|

« ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドの覚え書き | Main | いわゆるアイドルグラビアとはまた違う「いもうと」「小中学生限定」とかいうものがある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17204/40983336

Listed below are links to weblogs that reference ああ、儂の可愛い亜矢子、ちょっとネタばらしあり:

« ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドの覚え書き | Main | いわゆるアイドルグラビアとはまた違う「いもうと」「小中学生限定」とかいうものがある »