« 1972年の秋に読んだ乱歩「パノラマ島奇談」原作のマンガは高階良子の「血とばらの悪魔」だった | Main | ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドの覚え書き »

ジアーズ「長崎ごころ」

webをいろいろ見てたら「ジアーズ」というのが目に入った。なんだったのか、今改めて調べると、一つは新しい映画の題名らしい。もう一つはフィギュアが売られている「ぼくらの」というアニメの巨大ロボットだという。

私が言うジアーズというのは、1970年、大阪万博の年の秋頃に「長崎ごころ」という曲が、ちょっとだけ売れた歌謡男性コーラスグループ。「ジアーズ 「長崎ごころ」」で検索してみると、中古レコード屋さんの商品リストらしいページがあった。http://www2.neweb.ne.jp/wd/samidareya/EPenkotoko-sa.htm コメントには「名曲」とある。ビクターだったんだね。

「長崎ごころ」という題名で、男性グループということは、おそらく、前年のクール・ファイブ「長崎は今日も雨だった」を意識してるのだろうね。今、大体の曲のメロディは思い出せるが、「長崎は今日も雨だった」的なタイプの曲で、もうちょっと演歌っぽいか? この曲が記憶にあるのは、その頃トランジスタ・ラジオを買って、昼間の歌謡曲がかかる番組とかよく聞いてた。ビクター・レコードの曲をかける番組もあったし、そこで CMも打たれてたりしたように思う。聞くとわりといい曲だったのだ。さらに日曜の昼頃、番組の間と間の短い空いた時間に、歌謡曲の最近で言うプロモ・ビデオをそのまま流すような番組があって、そこでも、この曲がオンエアされていた。

クール・ファイブとか東京ロマンチカとか、そういうビッグネームなグループじゃないし、曲も、この「長崎ごころ」一曲だけで記憶されるグループのようではあるが、ある程度の年齢(50歳以上くらい)で、歌謡曲がかなり好きな人なら、知ってる人は知っている、くらいの知名度はあると思う。

|

« 1972年の秋に読んだ乱歩「パノラマ島奇談」原作のマンガは高階良子の「血とばらの悪魔」だった | Main | ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドの覚え書き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17204/40578757

Listed below are links to weblogs that reference ジアーズ「長崎ごころ」:

« 1972年の秋に読んだ乱歩「パノラマ島奇談」原作のマンガは高階良子の「血とばらの悪魔」だった | Main | ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドの覚え書き »