« November 2007 | Main | April 2008 »

ジアーズ「長崎ごころ」

webをいろいろ見てたら「ジアーズ」というのが目に入った。なんだったのか、今改めて調べると、一つは新しい映画の題名らしい。もう一つはフィギュアが売られている「ぼくらの」というアニメの巨大ロボットだという。

私が言うジアーズというのは、1970年、大阪万博の年の秋頃に「長崎ごころ」という曲が、ちょっとだけ売れた歌謡男性コーラスグループ。「ジアーズ 「長崎ごころ」」で検索してみると、中古レコード屋さんの商品リストらしいページがあった。http://www2.neweb.ne.jp/wd/samidareya/EPenkotoko-sa.htm コメントには「名曲」とある。ビクターだったんだね。

「長崎ごころ」という題名で、男性グループということは、おそらく、前年のクール・ファイブ「長崎は今日も雨だった」を意識してるのだろうね。今、大体の曲のメロディは思い出せるが、「長崎は今日も雨だった」的なタイプの曲で、もうちょっと演歌っぽいか? この曲が記憶にあるのは、その頃トランジスタ・ラジオを買って、昼間の歌謡曲がかかる番組とかよく聞いてた。ビクター・レコードの曲をかける番組もあったし、そこで CMも打たれてたりしたように思う。聞くとわりといい曲だったのだ。さらに日曜の昼頃、番組の間と間の短い空いた時間に、歌謡曲の最近で言うプロモ・ビデオをそのまま流すような番組があって、そこでも、この曲がオンエアされていた。

クール・ファイブとか東京ロマンチカとか、そういうビッグネームなグループじゃないし、曲も、この「長崎ごころ」一曲だけで記憶されるグループのようではあるが、ある程度の年齢(50歳以上くらい)で、歌謡曲がかなり好きな人なら、知ってる人は知っている、くらいの知名度はあると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1972年の秋に読んだ乱歩「パノラマ島奇談」原作のマンガは高階良子の「血とばらの悪魔」だった

漫棚通信ブログ版」さんが、丸尾末広が江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」を漫画化したものを紹介されている。「丸尾ミーツ乱歩『パノラマ島綺譚』」、その記事を読んで、そーいや少女マンガで「パノラマ島奇談」をマンガにしたものを読んだなあと思い出した。1972年の秋のこと、最終回が載っていた雑誌、乱歩を読み始める直前のことで、最初は乱歩原作と気づかなかった。面白そうだなーと読んでいるうちに、原作が明記されていたからだろうけど、分かった。最後の花火の場面、そして、その前の方の号だったかも知れないが、海底トンネルもあったと思う。以前書いた、ラジオのニッポン放送のドラマ「パノラマ島奇談」が、ちょうど放送されてた頃だ。


ネットで検索してみたら、こちらで紹介されていた。「セサミのお庭」、「なかよし時代」。そうだ、題名は「血とばらの悪魔」、そうだった、そうだった。作者は高階良子だったのだね(この他の作品は知らないが、名前は見かける)。

さらに調べると、文庫化された本が、ブログ「飾釦」さんの記事「
漫画no乱歩#2⇒「血とばらの悪魔」by高階良子
」で紹介されていた。講談社から 1999年に出たようだが、今は品切れのようだ。

その 1972年頃、妹が“りぼん”をよく買っていたので、この「血とばらの悪魔」も、てっきり“りぼん”に載ってたものと思い込んでいたが、講談社から出てる? さらに検索してみると「桜の栞」さん、「『血とばらの悪魔』 高階良子 原作:江戸川乱歩」、〈1971年『なかよし』11月号から連載を開始した『血とばらの悪魔』は、〉とある。“なかよし”だったのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | April 2008 »